ピコットブログ

ピクチャーレール、姿見、ホスクリーン、長押、ブラインドフックなど施工例や部品等もご紹介していきます。

ピクチャーレールを使って皆さんは

何をかけていらっしゃるのでしょうか?

 

そう思われる事ありませんか?

 

 

圧倒的に多いのは、絵画やアートです。

他には時計・カレンダー・グリーンなど

 

最近ではブライダルブーケを額に入れて飾ったり

フォトフレームなども多くみられるようになりました。

 

ここまではインテリア的なピクチャーレールの使い方の

ほんの一部をお伝えしました。

 

他にもピクチャーレールを使って出来る事がたくさんあります。

 

賞状や資格証なども栄光の証です。

(ちなみに某ゲームとは無関係です)

どこかにしまわずに、飾ってみては如何でしょうか?

 

実用的には

ホワイトボードやコルクボードを吊る事も出来ます。

 

お子さんが小学校に入る頃から学校から持ち帰る

プリント類が一気に増えませんか?

コルクボードに纏めるの良いかもしれません。

(学校からの情報が今や📧の時代でしたら申し訳ありません)

 

洋服やバッグのかたずけにも便利な部品があります。

ハンガーラック・バッグホルダーの名称で

ご紹介しております。

 

収納が足りなくて不便さを感じていらっしゃる方に

是非お勧めしたいです。

 

ピクチャーレールオプション部品一覧をご覧ください。


良くこの質問されました。

 

ピクチャーレールとは

【美術館などで絵画を展示するために

建物の天井もしくは壁に設置されているレールの事です。】

 

イメージしやすいかと、以前はそのようにご説明させて頂いておりました。

ご存じない方が多かった時代ですね。

10数年前の話です。・・・・・

 

 

今ではピクチャーレールも一般的になり

ご家庭でもリビング、寝室、子供部屋に

絵や写真を飾ったり時計を掛けたり、

壁の空間を彩るための、必須アイテムとなりました。

 

レールを設置する最大のメリットは

吊り替えが可能であるという事です。

 

季節で雰囲気を変えたい時など

余計な穴を開けなくて済むので壁が綺麗なままです。

 

今後、施工例や部品等もご紹介していきます。

興味がございましたら、少しだけでも気にして頂けると嬉しいです。

 

 

令和 新たな時代の始まりに・・


大切な出逢い・真心込めてお伝えしていきます。。

 

 


↑このページのトップヘ